読んでいる本の紹介

1937年、ナポレオン・ヒルによって書かれ出版された名著です。
この本は、著者のナポレオン・ヒル自身が500名以上もの人に会い、彼らがどのような過程を経て、現在の成功を手に入れたかを取材し、その成功哲学をまとめた本なのです。

80年以上も前に書かれた本ですが、今も読み続けられる理由は、何なのか。

全部で18章からなるこの大作は、80年も前に書かれたにもかかわらず、私の印象では、まったく古く感じません。むしろ価値観が大きく変化しようとしている現状にぴったり合った内容に感じます。読み進めていても、古い本だということを忘れています。

≪成功の黄金律≫

自分がして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげることだ」

出典:ナポレオン・ヒル著「思考は現実化する」第7章より

いつの世も、真理は変わらないのだと感じされてくれます。

えーそんなこと知ってるーよく聞くしー。と思うかもしれません。でも、できてるかな?と自分に問うと・・・。
できている気は全くしません!

幼いころから、また大人になっても、なんとなく耳にしたことがあって、知った気になっている言葉たち。
そんな一見、簡単そうに思える言葉や行動を、成功者たちは、たゆまずやり続けているのだ、という実績が書き連ねられていて、圧倒されます。

そして、あなたもできる、といってくれます。

実はまだ、第7章までしか読めていません。どのページも、内容が濃くて、かみしめて飲み込むのが大変!!

今、副業を始めようとしている自分にとって、どういう思考を持つべきか、どういう行動を起こすべきか、が書かれている本なので、本当に大事に大事に読みたい1冊です。

タイトルとURLをコピーしました